×
HOME>イチオシ情報>足りない骨も移植で増やせば諦めていた治療も可能に
インプラント

人工骨や自分の骨を移植する

インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込みその上に人工の歯を取り付ける治療法です。そのため土台となる顎の骨量が十分であることが必要です。しかし歯を失って長年入れ歯を使用していた人の場合、顎の骨が痩せたり吸収して骨量が減っていることも多く、そのままではインプラント治療ができないケースもあります。そうした場合、インプラントを埋め込む部分の骨を増やすことで治療が可能となります。骨を増やす方法はいくつかありますが、その一つが骨移植です。移植する骨は人工物と本人の骨の2種類がありますが、本人の骨のほうが吸着は良好です。骨の採取は上奥歯の奥にある上顎結節から行います。

長い人工歯根を埋め込むことができ安定する

インプラントで使用する人工歯根には様々な長さのものがありますが、長いもののほうが安定がよく、短いものでは噛む力に耐えられずに抜けてしまうことがあります。インプラント治療は骨量を見て行いますが、骨量の少ない人では6ミリ程度の短い人工歯根しか埋め込めなかったり、あるいは治療自体不可能なこともあるのです。骨移植をして骨量が十分になれば、12ミリ程度の長い人工歯根を埋め込むことができます。6ミリに比べるとかなり寿命が長く、安定したものになります。

骨の採取は簡単で人工物は安全なものを使用

インプラントの骨移植では自分の骨を削り取って移植する、というと恐ろしく感じる人もいるかもしれません。しかし実際の手術はノミのようなもので少したたくだけの簡単なもので、採取時間も1分程度と短く、もちろん麻酔をするので痛みはありません。人工物を使用する場合は、アレルギー反応を起こさない安全な素材のものを使用します。ただし単体では骨の再生能力が低いため、粉砕した本人の骨を混ぜて使用することが多くなっています。

広告募集中